コーチングセッションを受けると何が変わるのか

コーチング

こんにちは、苫米地式コーチング認定コーチ 坂上崇大(さかのうえたかひろ)です。

「苫米地式コーチング」を知ったあなたが1番気になることは、認定コーチからコーチングセッションを受けると「あなたの人生がどう変わるか」だと思います。

こちらのページでは、コーチングセッションを受けるとあなたがどう変わるのかお話しします。

「苫米地式コーチングとは?」のページを読んでから、こちらのページを読み進めていただく方が内容がよくわかるかと思います。

また、「コーチングセッションを受けてみたい!」と思っても、申し込む前にいろんな疑問や不安も湧いてくると思うので、それもカバーできるようお話ししていきますね。

コーチングセッションを受けるとあなたはこう変わる

苫米地式コーチングのセッションを受けると「あなたが心から望む生き方」ができるようになります。

別の言葉で言うなら、「心から望むことを何でも叶えられるあなた」になれます。

もちろん、他人をコントロールすることはできませんので、自分が変化することで変えられることは何でも叶えられるという意味です。

さて、「あなたが心から望む生き方」という12文字におさめてしまうと、なんともあっけない感じがしますが、これはとてもすごいことです。

なぜなら、現代社会において多くの人が次のいずれかに該当しているからです。

1)仕事や家事や育児がメインで毎日のTODOをこなすことに精いっぱいで「本当にいやりたいこと」「心の底から望むこと」とは無縁の人生を送っている。

2)「こうなりたい」「ああなりたい」と思い描いている目標や夢があったとしても、それが世間の常識や見栄を中心に発想した望みで、実は心の底では望んでないことを一所懸命叶えようとしてる。

3)「こんなことを望んでる」と明確なビジョンがあってもその達成方法が分からず悶々としている。

4)何かひとつ心から望むことをしていたとしても、他は我慢しているといったアンバランスさがある。

5)「自分の本当の望みさえわからない」

今のあなたはどれに当てはまるでしょうか。

もし、どれかに当てはまるのであれば、コーチングセッションを通して「あなたが心から望む生き方ができる」「心から望むことを何でも叶えられる」と言うのはとても魅力的ではないでしょうか。

努力・根性・我慢とは無縁の目標達成術を習得できる

さて、コーチングセッションを通して「あなたが心から望む生き方」ができるようになったとしても、それが努力・根性・我慢のたまものでは、全く魅力がないですよね。

その点は、苫米地式コーチングの場合、心配いりません。

コーチングセッションを通して、努力・根性・我慢とは無縁の状態で目標を達成ていくことができるようになります。

脳の仕組みをしっかり理解して、「マインド(脳と心)」の正しい使い方を習得していただくので、これが可能になるのです。

あなたの「マインド(脳と心)」があなたの現実を作っているので、その使い方さえ習得してしまえば、自動的に目標達成していくことができるのです。

この努力・根性・我慢とは無縁の目標達成術と言う点も苫米地式コーチングのセッションで手に入る魅力的な部分です。

同時にいくつものことを考え行動し、物事の達成スピードが格段に速くなる

「マインド(脳と心)」を使いこなせるようになると、「時間がなくてできない」とか「スランプが続く」と言った状態とも無縁になっていきます。

なぜなら、同時にいくつものことを思考しながら行動していけるようになるからです。

多くの人が「時間がなくでできない」とか「スランプが続く」と言う状況に陥る理由は、頭の中が整理されてないからなのです。

頭の中で「事実」と「感情」がごちゃごちゃに絡み合っているから適切な判断がすぐにできず、行動に移せないということが起こってきます。

「マインド(脳と心)」の正しい使い方が習得できれば、まず、頭の中でこんがらがっている様々な事柄を1つ1つ単独の事柄に整理して思考することができるようになります。

そして、すべてのことを俯瞰してとらえられるようになり、いくつものことを同時に思考する「並列思考」が可能になります。

さらに、「並列思考」をしながら、思考していることとはまた別の行動をおこせるので、あなたが同時に処理できることが格段に増え、物事の達成スピードも速くなっていきます。

これらを最初は段階を追ってゆっくり意識しながら行なうのですが、慣れてくると無意識レベルでこれができるようになるので、方法論は後からついてくると言うような感覚になっていくのです。

僕の体験から敢えて言葉にするなら「目に見えない力が働いている」と感じるような、もう説明がつかないような流れやスピード感になっていきます。

コーチングセッションを受けることで、「あなたが心から望む生き方」がものすごいスピードで叶っていくことも、とても魅力的なことではないでしょうか。

コーチングセッションを終えてもひとりでできる

コーチングセッションを終えたとしても、あなたひとりで「心から望む生き方」を実現していくことができます。

苫米地式コーチングのセッションを受けることで、コーチがいなくてもあなたがあなたのコーチとして、何か問題が起きたとしても解決・解消できる能力を身に着けることができるのです。

また、苫米地式コーチングのセッションを通して、苫米地式コーチングの理論と実践(実技)が無意識レベルに浸透していくので、自然と第三者へのコーチングもできるようになります。

もちろん、たった1回のセッションでそれが可能になるわけではありません。

最低でも6ヵ月間という期間を通して苫米地式コーチングの理論も学びながら、「マインド(脳と心)」の正しい使い方を日常の中で実践していくことで、始めは頭で理解するところからスタートし、最終的には無意識レベルでの理解へと移行していきます。

ただ、コーチングセッションを受けるだけでは、コーチの資格を取得できるわけではありません。

ですが、あなたが所属する組織やコミュニティーのメンバー、家族や友人に対して接する際に、自然とコーチングしている状態になり、まわりの人にとってあなたがよい変化を促す存在になることができます。

本や無料動画を通して自分で学べないの?コーチをつける意味は?

さて、あなたが「苫米地式コーチングのセッションを受けたい!」と思った時に、最初の壁になるのはセッション料金だと思います。

特に「無形の資産」にお金をかける価値をまだ見いだせていない方は、苫米地式コーチングの認定コーチたちのメニュー表を見て衝撃を受けると思います。

そうなった時に、おそらく「苫米地博士の本を読んで自分で勉強しよう」とか「無料動画を見まくって何とか習得しよう」とか「単発セッションだけ受けよう」といった発想になる方もいるでしょう。

僕も最初は「セッション料金は払えなくはないけど、本で何とかできるないかな?」と少し思っていたぐらいですから。

さて、「本や無料動画を通して自分で学べないの?」「コーチをつける意味は?」という疑問がある方のために認定コーチである僕からアドバイスをしておきましょう。

コーチをつけた方が格段に短期間で変化します。

なぜ、コーチをつけると短期間変化するのかと言えば、理由は3つあります。

1)コーチがいることで「スコトーマ」を明確にできる

2)コーチがいることで「内部表現の書き換え」が行なわれる

3)ひとりではやらない理由を探すが、コーチがいるとしっかり取り組める

3つの理由を1つずつ解説しましょう。

1)コーチがいることで「スコトーマ」を明確にできる

「スコトーマ」とは心理的盲点のことで、誰でも自分ひとりでは気づけない心理(思考)の領域を持ち、コーチがいることでそれを明確にすることができるのです。

なので、「スコートマ(心理的盲点)」によってひとりでは変えられない領域をコーチがいれば変化させていくことができるのです。

2)コーチがいることで「内部表見の書き換え」が行われる

「内部表現」は、あなたが何かを決定するときに、その方向性を決めるための「判断材料をためているシステム」のようなものだと思ってください。

この内部表現の状態によって、何か目標に向かって行動するときに「できない理由」「恐れを感じる理由」が浮かんできます。(詳しくは、苫米地式コーチングとは?の苫米地式コーチングの秘儀の部分を読んでください)

この内部表現は、クライアントさん自身がセルフトークやアファメーションなどを行なうことで、新しいものに書き換えていけます。

ただ、それとは別にコーチは「内部表現」がクライアントさんが100%望む目標の達成に必要な状態となるよう働きかけます。

このコーチが行う「内部表現の書き換え」は、コーチがいてはじめて可能となります。

なので、コーチがいることでさらにクライアントさんの目標達成が短期間で可能となるのです。

3)ひとりではやらない理由を探すようになるが、コーチがいるとしっかり取り組める

実は、人間にとって「変わること」は、本能的にもっとも嫌なことなのです。

どんなに変わりたいと思っても、人間には現状を維持しようとする「ホメオスタシス(恒常性)」が働くため、いつの間にかやらない理由を探し始めます。

だから、さまざまな誘惑に負けて結果を出すまでに余計な時間がかかってしまうのです。

そうならないためにも、コーチをつけることでしっかり時間と意識を管理できるだけでなく、コーチが「ホメオスタシス(恒常性)」を理解し、あなたの変化をサポートするので、短期間で変化することができるのです。

以上が、コーチをつけると短期間変化する3つの理由でいしたが、ご理解いただけたでしょうか。

時々、いろんなコーチの単発セッションだけを巡ってる方の話も耳にします。

ですが、それだといつも導入部分ばかり行ってるのと同じようなことになってしまうので、本当に自分のものにしたいなら腰を据えて6ヵ月くらい継続でコーチングセッションを受けられるのをお勧めします。

理由は前述したように、最低でも6ヵ月間という期間を通して「マインド(脳と心)」の正しい使い方を日常の中で実践していくことで、頭で理解するところから、最終的には無意識レベルでの理解へと移行できるからです。

コーチングセッションを通してどう変化していくのか

さて、ここまで読み進める中、「どうやってそんなことができるようになるの?」と疑問に思った方もいると思うので、どんな流れで変化していくのかもお話ししておきましょう。

もちろんクライアントさんの状況によってセッションの流れは変わりますが、だいたいこのSTEPで進めていきます。

STEP1.セルフトークの見直し

このページを読み進める中、「それってすごい!だったら今すぐ始めよう」と思った方もいれば、「本当にそうなの?」とか「自分にも本当にできるの?」と思った方がいると思います。

このように、人は何か情報を得ると頭の中で自分との会話をはじめます。

これを「セルフトーク」といいます。

このセルフトークがいつも否定的だと永遠に望む目標は達成することができません。

なぜなら、セルフトークが否定的だと、目標達成に必要な情報をキャッチするアンテナの役割をする脳の機能「RAS(ラス)」で、情報を拾えないからです。

「RAS(ラス)」が、しっかり必要な情報をキャッチすることで、人が「チャンス」と呼ぶような情報が次々に手に入るようになるのです。

ちなみに、「セルフトーク」は無意識レベルで反射レベルのスピードで行われるので、自分が否定的なセルフトークをしていることに気づいていない場合が多いです。

さらにいうなら、自信があることにはいつも肯定的なセルフトークが行われても、苦手意識があることには否定的なセルフトークが行われていたりと、カテゴリ―によってプラスマイナスが変わります。

コーチングセッションでは、セルフトークの仕組みを理解していただいたうえで、日常的に肯定的なセルフトークができるように実践していただきます。

STEP2.自己評価を明確にする

日々のセルフトークを意識することで、あなたが自分にどんな評価を下しているのかを明確にしていきます。

この「あなたが自分にどんな評価を下しているのか」を専門用語でいうなら、次の2種類があります。

1)「セルフエスティーム」:自分の存在価値

2)「エフィカシー」:何か目標を達成しようとしたときに自分の能力に対して下す自己評価

「セルフエスティーム」も「エフィカシー」も人生におけるカテゴリ―で上がったり下がったりするもなのですが、目標達成においては「エフィカシー」にフォーカスしていきます。

コーチングセッションを通して「エフィカシー」が高まれば高まるほど、自分は何でもできるという自信にあふれ、さらに高い目標を設定でき、あなたが心の底から望むことがより明確化していきます。

コーチングセッションをスタートする前と後では、望み(ゴール)がガラッと変わるなんてことも多々あるのです。

STEP3.バランスホイールでより人生を細分化してとらえる

エフィカシーが高まり、本当の望みであるゴールが定まったら、そのゴールを達成している自分の姿をビジュアライゼーションします。

そして、ゴールを達成している自分がどんな人生で構成されているかを「バランスホイール」を使って細かく見ていきます。

「バランスホイール」は、人生を「お金、仲間、家族、健康、学び、趣味、仕事、社会貢献、社会とのつながり」など、最低でも12個の要素に分けた次のような表です。

どんな要素に分けるかは、クライアントさんの自由です。

バランホイールを使って、本当の望みであるゴールを達成している自分なら、それぞれの要素とどうかかわっているかを明確にしていきます。

この作業をすることで、あなたが達成したいゴールに必要な要素は、1つじゃなく、複数あるということがよくわかってきます。

また、バランスホイールをつくる過程で、新たにあなたが囚われてることもさらに明確になり、より本当の望みを明確にする助けになるのです。

STEP4.抽象度をあげ、人生を構成する全ての要素が必要だと確信する

バランスホイールを作っていくと、本当の望みであるゴールに対し「一見関係ないのでは?」「こんなことをしてはいけないのでは?」と言うような思いが湧くことがあります。

よくあるのが、「世の中の役に立つ仕事をしたい」と思った時に「それでお金儲けはダメなんじゃないか」と考えたりすることです。

苫米地博士のコーチングを受ける前の僕も、この状態で悶々としていました。

ですが、「世の中の役に立つ仕事をする」ためには、資金が潤沢にあればできることがさらに増えますよね。

なので、「仕事」と「お金(ファイナンス)」を切り離し、「世の中の役に立つ仕事をする」と「お金(ファイナンス)をつくる」を分けてとらえれば、どちらもゴールを達成するために必要なことだと理解でき、思考も感情もスッキリして前に進むことができます。

今のように切り離して考える時に「抽象度をあげる」ということをしていきます。

「抽象度」という言葉を使うと、途端にわかりずらくなるのですが、「具体」と「抽象」という言葉がありますよね。

具体とはその個体や事象を認識できる最小単位を指します。

例えば、「ブルドック」「チワワ」「ハスキー」などは具体で、これの抽象度を上げると「犬」になり、さらに抽象度を上げると「動物」になり、かなり抽象度をあげると「命」になります。

他の例で言うなら「晴れ」「雨」「曇り」は具体で、これの抽象度を上げると「天気」になります。

このように複数の「具体」に共通する本質を抜き出し、全体を表す表現をすることを抽象度を上げるというのです。

STEP3でつくったバランスホイールに書いた「お金、仲間、家族、健康、学び、趣味、仕事、社会貢献、社会とのつながり」との関わり方に共通する本質を抜き出すことで、すべてのことに共通する本質が見えてくるのです。

この作業を「抽象度をあげる」と言っています。

抽象度を上げて、バランスホイールに共通する本質が見えると、先ほどお伝えした「一見関係ないのでは?」「こんなことをしてはいけないのでは?」と言うようなこともなくなり、あなたが望むゴールにすべてが必要だと確信できるようになるのです。

STEP5.ゴールを現状の外に設定する

抽象度をあげたら、今度は「ゴールを現状の外」に持っていきます。

この「ゴールを現状の外に」というのは、苫米地式コーチングの特長的な部分でもあります。

ここまでの過程で、設定される目標(ゴール)は、過去の経験から自分ができそうだと思っている目標なのですが、それをどうやったら達成できるのか分からないくらいの目標にさらにレベルを引き上げていきます。

そのために再びエフィカシーを高めていきます。

このゴールを現状の外に設定するについては、ここで語ると長くなるので、実際にコーチングセッションの中で体感しながら身に着けていただければと思います。

苫米地式コーチングセッションはこんな方にお勧め

さて、苫米地式コーチングの認定コーチからセッションを受けるとあなたにどんな変化が起きるのかイメージできたでしょうか。

ここまで読み終えたあなたが、まだ知らない自分の可能性を発揮している未来にワクワクしていたなら、僕の伝えたいことがうまく伝わったということだと思います。

全ての方に苫米地式コーチングを習得していただきたいと僕は思っていますが、あえてどんな方に苫米地式コーチングのセッションがおすすめなのかお伝えしましょう。

・自分にはもっと未知の可能性が秘められていると感じるからそれを知りたいと思っている方

・新しい時代をけん引する、影響力あるリーダーとしてこれから活躍したい方

・こんなことを達成したいとビジョンはなんとなく見えているけど、それをどう達成したらいいか分からない方


・努力・根性・我慢とは無縁な中で目標を達成し、心から望む自由な人生を送りたい方


・会社や社会の常識に縛られた生き方から抜け出して自由に生きていきたい方


・魂(ソウル)レベルの自分の望みを知り、実現していきたい方

今あげた想いがある方には、苫米地式コーチングのセッションはお勧めです。

ぜひ、あなたの人生に苫米地式コーチングを取り入れて、あなたから「心から望む生き方」を始めて、それを周りの方に広めていっていただけると嬉しいです。

このサイトの記事をいろいろ読み進める中、あなたにとって僕が選ぶべきコーチだと思っていただけたなら、パーソナルコーチングのセッションでお会いしましょう!

【終わりに】 僕が苫米地式コーチングを習得して変わったこと

さて、最後に僕の経験談を少しだけお話ししてこの記事を終わりにしたいと思います。

アウトローストーリーの中でお伝えしているのですが、苫米地式コーチングに出会う前の僕は10代のころから「自分の心からの望み」をいつも叶えている状態でした。

ただ、その叶え方が、とても「ぶっきらぼう」だったと今は思います。

自分の想いをパッション(情熱)だけで実現してきたようなところがあるので、ある一部にだけに意識を向けて、行動していたのでバランスが悪いものだったのです。

また、思考も「事実と感情」がごちゃごちゃになることも多かったので、長い期間悶々としたり、苦しんだりと言うことも多くありました。

ですが、苫米地式コーチングを習得し、「マインド(脳と心)」の正しい使い方ができる状態で、「バランスホイール」や「抽象度をあげる」ことをしていくと、とても洗練された状態で「自分の心からの望み」が叶えられていくのを感じています。

あれこれ考えて何かを叶えているというより、「こんな風に生きていく」と抽象度の高いビジョンを持つことで、後付けでいろいろと現実が動いていく感じになりました。

しかもそのスピードがとても速い。

さらに、「なにか目に見えない力が働いている」と感じるような、もう説明がつかないような流れも起こってきます。

「マインド(脳と心)」の使い方を習得して実践するだけで、人生はこうも変わるものなのかと驚いています。

ぜひ、あなたにも苫米地式コーチングを通して「マインド(脳と心)」の使い方を習得して、人生を自由にクリエーションしていただきたいと思っています。

苫米地式コーチング 認定コーチ 坂上崇大(さかのうえたかひろ)

関連記事一覧