苫米地英人博士/ルー・タイスとは?

コーチング

苫米地式コーチング認定コーチの坂上崇大(さかのうえたかひろ)です。

このサイトを見つけて初めて苫米地博士を知る方もいらっしゃると思います。

そんなあなたのために、こちらのページでは「苫米地式コーチング」の開発者である認知科学者の「苫米地英人博士」について紹介していきます。

苫米地英人(とまべちひでと)博士のプロフィール

苫米地英人
1959年、東京生まれ。
認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。
計算幾科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。

カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同Cylab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、全日本気功師会副会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIインターナショナル日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長、財団法人日本催眠術協会代表理事。

マサチューセッツ大学を経て上智大学外国語学部英語学科卒業後、三菱地所へ入社。2年間の勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学、人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンクに学ぶ。同認知科学研究所、同人工知能研究所を経て、コンピュータ科学の分野で世界最高峰と呼ばれるカーネギーメロン大学大学院哲学科計算言語学研究科に転入。全米で4人目、日本人として初の計算言語学の博士号を取得。

帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、同ピッツバーグ研究所取締役、通商産業省情報処理振興審議会専門委員などを歴任。

現在は米国認知科学の研究成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」「TPIE」を日本向けにアレンジ。日本における総責任者として普及に努めている。

(苫米地英人博士の公式サイトより引用)

苫米地博士とコーチングを結びつけたルー・タイス氏とは?

コーチングという観点から苫米地博士について語るなら、絶対に外せない人物がいます。

それは、苫米地博士とコーチングを結び付けた人物である「故ルー・タイス氏」です。


(書籍Smart Talk for Achieving Your Potentialより)

ルー・タイス氏は、心理学者であり、米国自己啓発界、能力開発の世界的権威であり、世界で高い評価を得ている教育機関TPI(The Pacific Institute)を設立した人物です。

2012年にお亡くなりになっています。

TPI日本公式サイトにある、ルー・タイス氏のプロフィールも紹介しておきましょう。

ルー・タイス
1935年、アメリカワシントン州シアトル生まれ。
シアトルル大学卒業後、ワシントン大学で精神保健科学の研究で教育学修士を取得。

著書「可能性を引き出すスマート・トークと結果を出すパーソナール・コーニング(あなたの可能性を実感して結果を出すためのスマートトーク)」は、国際的に高評価される。

高校教師ならびにフットボール・コーチとしてキャリアをスタートさせ、その後、人間が成功するための心の仕組みを研究し、コーチングのメソッドを確立。認知心理学や社会学習論の最新の研究を、誰もが理解できる利用できる教授法として展開。

個人と集団の可能性を最大限に引き出す卓越した国際的指導者として、各界のリーダーやトップ・ストリートから衆望を集めた。2012年4月逝去。(TPI日本公式サイトより引用)

さて、ルー・タイス氏は、フットボール・コーチとしてキャリアをスタートしてから、40年の歳月の中で各国の要人のコーチングをしながら、コーチングのプログラムを更新し続けた人物でもあります。

ルー・タイス氏がアメリカを中心とした著名な学者たちと作り上げた「TPIE」「PX2」というセルフコーチングプログラムは、NASAやアメリカ国防総省、フォーチュン500の60%以上の企業などが導入するという実績を持ちます。

そんな実績を持つルー・タイス氏が、晩年にあることを思ったのをきっかけに、苫米地博士はルー・タイス氏と出会います。

ルー・タイス氏と苫米地博士が作り上げた「タイス式コーチング」

ルー・タイス氏は晩年になり「自らが長年コーチとして積み上げてきたメソッドは、結局は上の人の命令に素直に従う人々を育てているということでしかない」ということに辟易します。

そして、「人々を自由にするプログラムを作りたい。教育を改革して若者を開放したい。」と考え、それを実現するべく、知恵を貸してくれる人物を世界中から探すなか、最終的に苫米地博士に声をかけたのです。

もしかしたら「どうしてそんなすごい人が誰かの知恵を借りるの?」とあなたは思ったかもしれませんね。

偉大なコーチほど、自分では気づけない「盲点」があることを知っているので、何かを達成したいときには自分にもコーチをつけるのです。

では、話を戻しましょう。

「若者のために人々を自由にするプログラムを作りたい」というルー・タイス氏に苫米地博士は協力することを決め、ルータイスとともにプログラムの改良に取り組みました。

これまでのタイスのコーチングメソッドから、「人の言う通りに働く」「組織の論理を尊重する」といった部分を削ぎ落とし、「自分自身の内面を見つめ、心からやりたいことを見つける」「ゴールを現状の世界の外に設定する」ということを加えます。

そしてできあがたのが、「タイス式コーチング(パフォーマンス・エンハンスメント・コーチング)」です。

「タイス式コーチング」と「苫米地式コーチング」

「苫米地式コーチング」のベースになっているのは、「タイス式コーチング」です。

簡単に言ってしまうなら、「タイス式コーチング」に苫米地博士が積み上げてきた、最先端の認知科学理論をプラスしたものが「苫米地式コーチング」です。

苫米地式コーチングとは?」でお話ししたように、クライアントの無意識に直接介入して「内部表現」を書き換えることが特長です。

「そんな説明あったっけ?」と思った方は、もう一度「苫米地式コーチングとは?」を読んでみてください。

苫米地博士をより詳しく知りたいなら

さて、苫米地博士がどんな方かこちらのページを読む前よりは分かっていただけましたか?

苫米地博士の著書は、たくさん出版されてますし、TOKYOMXの「バラ色ダンディ」という番組にコメンテーターとして月曜日に隔週で出演されています。

苫米地博士に興味を持たれた方は、ぜひ本やテレビでも博士について知ってみてください。

苫米地式コーチング認定コーチ 坂上崇大

関連記事一覧